甲冑(鎧兜)の基本

甲冑と武将 - 名古屋刀剣ワールド

文字サイズ
「応仁の乱」以降、全国に戦火が広まり、再び日本を平定するために合戦を繰り返した戦国武将達にとって、戦場において身を守るための防具である甲冑(鎧兜)は、必要不可欠なもの。しかし、戦国時代において甲冑(鎧兜)とは、地位や信念を表すものとして単なる防具以上の意味を持ち、武将達は様々な装飾を甲冑(鎧兜)に施しました。戦国武将達にとっての甲冑(鎧兜)の意味と、有名武将達が着用した甲冑(鎧兜)について説明します。


甲冑(鎧兜)写真
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。
甲冑(鎧兜)の基礎知識
甲冑(鎧兜)に関することを検索することができます。

甲冑(鎧兜)とは

武将にとっての甲冑(鎧兜)

当世具足

当世具足

平安時代に武士が台頭して以来、日本式甲冑(鎧兜)は時代や戦術と共に発展。「応仁の乱」ののちに全国に戦乱が広まると、合戦に参加する人数が増えたことで、より軽快な動きができる甲冑(鎧兜)が求められました。

さらに、戦国時代後期には、弓や槍、日本刀以外の武器として鉄砲が登場したことで、より頑強な甲冑(鎧兜)が必要となったのです。そのため戦国武将達は、これまであった兜と胴に加え、佩楯籠手臑当などの「小具足」と呼ばれる部位を含めた、全身を隙間なく覆う甲冑(鎧兜)を確立し、「今風の甲冑(鎧兜)」という意味で「当世具足」と呼びました。

なお、武将達は城下に甲冑師を召し抱えて特注の甲冑(鎧兜)を制作させ、仙台城主「伊達政宗」が制作させた「雪ノ下胴」などの、全国で地方色の強い甲冑(鎧兜)も登場します。身を守るための防具は、合戦を繰り返す戦国武将達にとってなくてはならない物でした。

しかし、甲冑(鎧兜)は戦国武将達にとって、「威厳」や「強さ」、「信念」を表す道具でもあり、単なる防具以上の精神的な意味を持っていたのです。それに加え、命のやり取りが行なわれる戦場では、全身を覆う甲冑(鎧兜)は死に装束もかねる大切な物でした。

また、日本の技術を込めて作られた甲冑(鎧兜)は、現在と同じく芸術品としても高く評価されており、戦功の褒美として下賜されることもあったのです。

  • 「当世具足①」では、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「当世具足②」では、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 伊達政宗のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 伊達政宗のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

戦国武将所用の甲冑(鎧兜)

戦国武将達が自らの信念や地位などを甲冑(鎧兜)に表す際に用いられたモチーフは、様々な種類があります。

込められた思いによってそれぞれを表象する物は変化しますが、戦国武将達は、雄々しさや猛々しさを表す動物や虫、自軍の勝利と相手の鎮魂を祈るための神仏など、様々な思いが込められた兜や甲冑(鎧兜)を身に付け、合戦に向かっていました。

上杉謙信の甲冑(鎧兜)

生涯で70回もの戦に赴きながら、敗戦を経験したのはたったの2回という勝率で、天才的な戦略家として恐れられた越後国(現在の新潟県)の戦国武将「上杉謙信」。上杉謙信は義を重んじ、仏界の北方を守護する1尊である「毘沙門天」(びしゃもんてん)を篤く信仰し、自らを「毘沙門天の化身」と称したことでも知られています。

また、戦国最強ともされる「武田信玄」と、「川中島の戦い」において5回にも亘る壮絶な戦いを繰り広げました。

上杉謙信の甲冑/飯綱権現前立兜付色々威腹巻

上杉謙信の甲冑
飯綱権現前立兜付色々威腹巻

そんな上杉謙信が身に付けていたとされる甲冑(鎧兜)は、「上杉神社」(山形県米沢市)に所蔵されている「飯綱権現前立兜付色々縅腹巻」(いづなごんげんまえだてかぶとつきいろいろおどしはらまき)です。

室町時代初期に制作された伝統的な腹巻に、戦勝の神である「飯綱権現」を兜の前立に飾りました。美しく威厳のあるこの甲冑(鎧兜)は、痛みが少なく、ほとんど当時のままの姿を留めており、胴や袖が黒韋を主体に、紫や赤色の縅毛で縅された物。

戦場ではなく、軍議や行事の場において着用された物であるとされています。

兜の前立に飾られた飯綱権現は、長野県の飯縄山(飯綱山)を神格化した山岳信仰が発祥となった神仏習合の神様です。兜にあるように、白狐に乗り、剣と索(縄)を持った烏天狗の姿で現されます。室町幕府3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)の時代より戦勝の神として一般に浸透し、上杉謙信も川中島の戦いに赴く際に、合戦の勝利や民の安寧を祈願したとされているのです。

また、上杉謙信と言えば、日輪と三日月を表した前立の付いた兜が有名。この日輪と三日月は、上杉謙信が崇敬していた「妙見信仰」(みょうけんしんこう)に基づくもので、仏神「摩利支天」(まりしてん)を表すシンボルなのです。

摩利支天は陽炎を神格化した1柱で、陽炎が「焼けず、濡らせず、傷付かない」ことから、自在の通力を持つとされる神。上杉謙信以外にも、「毛利元就」(もうりもとなり)や「立花道雪」(たちばなどうせつ)など、多くの武将達に信仰されました。

  • 武田信玄のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 毛利元就のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 足利義満のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

本多忠勝の甲冑(鎧兜)

徳川家康」の家臣で、江戸幕府の基礎を築いた「徳川四天王」のひとりに数えられる「本多忠勝」は、生涯で57回もの戦場に赴き、1度も傷を負わなかったとされるほどの猛将です。「姉川の戦い」における単騎駆けや、「一言坂の戦い」で勇名を馳せ、「豊臣秀吉」からは「天下無双の大将」と称賛されました。

また、犬のようだとも言われるほどの篤い忠義心を持った三河武士であったことでも知られ、死の直前まで主君・徳川家康のことを想い、天寿を全うしたとされます。

本多忠勝 甲冑写し
本多忠勝 甲冑写し

徳川方最強とも言われた本多忠勝が着用した甲冑(鎧兜)は、「黒糸縅胴丸具足 鹿角脇立兜・小具足付」(くろいとおどしどうまるぐそく しかつのわきだてかぶと・こぐそくつき)。

黒ずくめで、大きな鹿角が付けられた兜と、胴に掛けられた大きな数珠が特徴的な甲冑(鎧兜)です。黒漆で塗られた鉄板札を黒糸で縅し、2枚の胴を蝶番で矧いだこの当世具足は、軽さを重視して制作された1領。

甲冑(鎧兜)を軽量化することで、本多忠勝は戦場で、より機敏に動くことができたのです。

袈裟懸けに掛けられた大きな数珠は、戦場で討った相手を弔うための物と言われており、相手に敬意を表することができる本多忠勝の人柄を表しています。

一際目を引く兜には、大きな鹿の角が付けられ、対峙する相手を威嚇。この鹿の角は、退却中に増水して渡河できなくなった際、徳川軍を浅瀬に導いた鹿を戦勝の神様である「八幡神」の化身だと考えた本多忠勝が、この鹿のように主君・徳川家康を守護したいと考えたことから付けられたとされています。

本多忠勝の甲冑(鎧兜)は、現在「三河武士のやかた家康館」(愛知県岡崎市)に所蔵され、レプリカが展示中。なお、「関ヶ原町歴史民俗資料館」にも、「関ヶ原の戦い」に参陣した武将の甲冑(鎧兜)と共に、レプリカが展示されています。

「本多忠勝 甲冑写し」YouTube動画

「本多忠勝 甲冑写し」YouTube動画
  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 本多忠勝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 本多忠勝のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 徳川四天王を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

  • 「姉川の戦い」をはじめ、武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 「関ヶ原の戦い」をはじめ、武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 戦国の世を生き抜いた武将の合戦戦略について解説します。

  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
  • 岐阜関ケ原古戦場記念館
    「岐阜関ケ原古戦場記念館」の体験コーナーや展示内容など、施設の魅力をご紹介します。

井伊直政の甲冑(鎧兜)

井伊直政」(いいなおまさ)は、徳川四天王のひとりに数えられた徳川家康の功臣で、「赤備え」の甲冑(鎧兜)を着用し、戦場で多くの軍功を上げたことから「井伊の赤鬼」と呼ばれ恐れられた戦国武将です。元々は今川氏に仕えた一族でしたが、徳川家康に見出されたのち、多くの武功や外交手腕を発揮し、関ヶ原の戦いののちは彦根藩300,000石の藩祖となりました。

井伊直政の甲冑/朱漆塗紺糸威桶側二枚胴具足

井伊直政の甲冑
朱漆塗紺糸威桶側二枚胴具足

井伊直政が着用した甲冑(鎧兜)と言えば、「朱漆塗紺糸縅桶側二枚胴具足」(しゅうるしぬりこんいとおどしおけがわにまいどうぐそく)です。兜には大きな「天衝」(てんつき)の脇立が聳え、兜から胴、籠手、臑当まで真っ赤な具足で全身を隙間なく覆われた甲冑(鎧兜)は独特な威圧感を持ち、戦場で強烈な印象を与えました。

赤色には、火や死、怒りなどを思い起こさせる心理的効果があります。井伊直政が率いた軍団は、大将から雑兵まで全員が赤い甲冑(鎧兜)を身に付けており、戦場において相手を威圧したのです。

なお、「井伊の赤備え」は本来、甲斐国(現在の山梨県)を平定した際に、徳川家康が武田家遺臣を井伊直政に預け、最強と呼ばれた「武田の赤備え」を継承させたもの。この軍団は「小牧・長久手の戦い」において先鋒を務め、獅子奮迅の活躍を見せました。旧武田家家臣であった「真田幸村」も同様に武田の赤備えを継承しており、「大坂冬の陣・夏の陣」において奮戦。

真田幸村が「日本一の兵」(ひのもといちのつはもの)と呼ばれるようになったと同時に、「赤備え」の部隊が武勇に秀でた精鋭が多いことから、後世において、武勇の誉れの象徴であると語り継がれていきました。

  • 井伊直政のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 真田幸村のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 「小牧・長久手の戦い」をはじめ、歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 「小牧・長久手の戦い」はじめ、武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 「大坂冬の陣・夏の陣」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「大坂冬の陣・夏の陣」はじめ、武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!