甲冑(鎧兜)の基本

甲冑(鎧兜)の構造 - 名古屋刀剣ワールド

文字サイズ
甲冑(鎧兜)には、平安時代の武士が着用した「大鎧」(おおよろい)や、戦国時代に流行した「当世具足」(とうせいぐそく)などがあります。甲冑(鎧兜)は、「兜」・「胴」・「袖」及び小具足からなり、どれも戦に出陣する際には、なくてはならない装備です。そんな甲冑(鎧兜)は、武士の戦法や、戦の在り方が変わるごとに、甲冑(鎧兜)自体もどんどん変化していきました。たくさんの種類がある甲冑(鎧兜)には、それ以上に多くの様式や構造を持ち、各名称も細かく呼び方があります。ここでは、こうした甲冑(鎧兜)の構造や各名称について見ていきましょう。
  • 甲冑(鎧兜)写真
    歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。
  • 甲冑(鎧兜)の基礎知識
    甲冑(鎧兜)に関することを検索することができます。

平安時代に誕生した「大鎧」

当世具足の各部名称

当世具足の各部名称

大鎧は、平安時代中期に作られるようになった甲冑様式で、古墳時代の「裲襠式挂甲」(うちかけしきけいこう)が変化したと言われています。大鎧を身に付けた武者達の戦い方は、馬を自在に操り、騎射戦を中心としました。

そして、馬上での攻撃から身を守るために、大腿部には「草摺」(くさずり)、首を保護する兜の「」(しころ)などが作られたのです。大鎧の各部名称と構造についてご紹介します。

  • 「大鎧」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「大鎧の機能」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

吹返

吹返

吹返

吹返」(ふきかえし)は、左右に大きくせりだし反り返っている箇所。

平安時代以前の兜にはなかったのですが、視界を広くすることで、騎射線で相手を狙いやすくする工夫がされています。室町時代末期頃は、簡略化され単なる装飾となっていき吹返の効力は忘れさられていきました。

錣

錣は、鉢の左右から後方に垂れて首や顔の側面を防御する部分です。

小札」(こざね:鉄や革製の小さな板)を糸で綴じ、それを3段から5段ほど繋げて作ります。3段の場合は「三段錣」、5段であれば「五段錣」と段数により呼び名にも違いがあるのです。

大袖

大袖

大袖

大袖」(おおそで)は両肩から肘にかけて着用する装備で、古くは単にと呼ばれていました。のちに「広袖」・「壺袖」・「当世袖」といった形式の袖があるため古式の場合は大袖と名称することになったと言います。

また左右の形状は対称ではありますが、付けた状態では馬の手綱を取ることから右を「馬子の袖」(めてのそで)、弓を握ることから左を「弓手の袖」(ゆんでのそで)と呼び分けていました。この呼称は後世、甲冑の左右を示す場合にも使われます。

胸板

胸板

胸板

胸板」(むないた)は、の前面上部にある鉄製の板です。

胸板に「高紐」が付いており、この高紐を肩上に結び前胴と後胴を繋ぐことができます。

鳩尾板

鳩尾板

鳩尾板

鳩尾板」(きゅうびのいた)は、左腕を上げた際に左胸前が無防備になるのを防ぐための装備です。

胴の左肩の結び目に付ける縦長の鉄板で、「絵韋」(えがわ:鹿の革に文様を染め付けたもの)などを縫い付けて「覆輪」(ふくりん:縁を金・銀で飾ること)で周りを飾ります。そして、板の中央には「居紋金物」(すえかなもの)を付けて装飾しました。

栴檀板

栴檀板

栴檀板

栴檀板」(せんだんのいた)は、右胸上部の隙間を防御する装備で、形は違いますが鳩尾板と対をなす装備です。騎射の場合は左前になりますが、反対に太刀で戦う場合は右前になることから、栴檀板で右胸を守っています。

また、栴檀板は伸縮性のある素材で作られており、これは弓の弦が引っかかった場合でもすぐ外れるようになっています。

弦走

弦走

弦走

「弦走」(つるばしり)は、弓を引いたときに弦が小札に引っかかるのを防ぐために、甲冑(鎧兜)の前面に張られた絵韋のことです。

蝙蝠付韋

蝙蝠付韋

蝙蝠付韋

「蝙蝠付韋」(こうもりづけのかわ)は、草摺と胴を繋ぐための絵韋で、台形状の形をしています。

名前の由来は、蝙蝠が翼を広げている姿に似ていることから、このように呼ばれるようになりました。

草摺

草摺

草摺

草摺は、胴の腰元に付属した部分で前後左右の4間(けん)に分かれ、箱のように腰回りを囲み、脚上部を防御します。

徒歩で戦う武士の「胴丸」

胴丸の各部名称

胴丸の各部名称

胴丸」(どうまる)は、大鎧と同じく平安時代中期に、徒歩で戦う下級武士のための甲冑(鎧兜)として誕生。

この胴丸は、古墳時代に考案された「胴丸式挂甲」(どうまるしきけいこう)から発展した甲冑(鎧兜)だと言われています。

さらに南北朝時代へと進む頃、胴丸は下級武士だけではなく上級武士達も着用するようになりました。その理由としては、馬上戦だけではなく徒歩戦にも応用するために、大鎧と比べて身軽な胴丸が必要とされたからです。

胴丸の各部名称と構造についてご紹介していきます。

「胴丸鎧」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

筋兜

筋兜

兜は、南北朝時代になる頃には正円形から卵形に変化し、頭頂部にあった手辺(てへん)の穴が後方へつくようになりました。

さらに室町時代には鉄の打ち出し技術が向上し、「阿古陀形」(あこだなりがた:アコダウリに似て平らで丸い形)の後頭部がふくらんだ「筋兜」が誕生。

こうした兜形が基準となり江戸時代の兜作りへと引き継がれます。

肩上

肩上

肩上

肩上」(わだかみ)は左右の両肩に当たる部分のことで、胴に繋がる箇所。

胴上部の胸板と肩上を合わせるための高紐で結ぶようになっています。

杏葉

杏葉

杏葉

肩上の隙間を埋めるための防具として付けられたのが、「杏葉」(ぎょうよう)です。杏葉は、染め革でくるまれた鉄板でできており、その形が杏の葉に似ていることから名付けられました。

南北朝以降になり上級武士による重武装化が進むと、大袖が加わり肩の防具からその下にある高紐の防護に取って変わりました。

押付板

押付板

押付板

押付板」(おしつけのいた)とは、背中上部の「金具廻」(かなぐまわり:金属加工した箇所)の部分で、鉄や煉革(ねりかわ:革を加工して固めた物)などで作られる板です。

胸板

胸板

胸板

胸板は、大鎧と同じく胴前上部にある鉄製の板。胸板には高紐がついており、そこから肩上と結ぶようになっています。

前立挙・後立挙

前立挙・後立挙

前立挙・後立挙

胴を一巡りしている小札部分を「長側」(なががわ)と呼び、胸板と長側の間が「前立挙」(まえたてあげ)です。

そして、背中の押付板と長側の間の部分を「後立挙」(うしろたてあげ)と呼びます。

脇板

脇板

脇板

脇板」(わきいた)は脇部を防御する役割を持ち、大鎧では左脇のみでしたが、胴丸には両脇の最上部に付けられました。

総角

総角

総角

総角」(あげまき)とは、胴の後ろに付いている蜻蛉十字に結んだ紐のこと。

胴背中側の後立挙の辺りに「総角付の鐶」(あげまきつけのかん)という金属の輪が付いており、総角はこの輪に結びます。

総角の蜻蛉十字には、大袖の緒を連結し固定させることで腕をより自在に動かすことができるのです。

引合緒

引合緒

引合緒

引合緒」(ひきあわせのお)とは、胴の右側の合わせ目と離れないようにするための紐。

胴丸は、大鎧と同じく右側で引き合わせてあり、ここから着脱する仕様となっています。

草摺

草摺

草摺

胴丸の草摺は、枚数が大鎧の4間から8間に増えています。

馬上ではなく徒歩戦で動くことを想定しているため、草摺の枚数が増えたことでより活動的な動作を可能にしました。

胴丸を簡略化した甲冑の「腹巻」

腹巻の各部名称

腹巻の各部名称

腹巻」(はらまき)は、鎌倉時代後期から使用されはじめ、室町時代に大流行した甲冑(鎧兜)です。徒歩戦を行なう下級武士用の甲冑(鎧兜)でしたが、次第に馬に乗るような大将級の武士も着用するようになります。

この腹巻自体は、胴丸をさらに軽量化した物です。また現在は胴丸と呼ぶ、右側で引き合わる甲冑(鎧兜)は、室町時代まで腹巻と呼ばれていました。

その後、南北朝時代になってから、現在、腹巻と呼ばれている背中で引き合わせる胴が広く使われるようになったのです。

これまで腹巻と胴丸は混同して使われていましたが、室町時代末期頃から右側に引き合わせる胴を「胴丸」と呼び、背中引き合わせの胴を「腹巻」と呼び分けるようになったと言われています。そんな腹巻の各部名称と構造について見ていきましょう。

「胴丸・腹当・腹巻」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

肩上

肩上

肩上

腹巻の肩上は、胴丸と同様の細長くてやわらかな素材で作られています。

押付板の内側に綴じ付けてあり、長さは21~31cmほど、そして腹巻は杏葉がないので、杏葉を取り付ける紐が付属していません。

引合緒

引合緒

引合緒

腹巻は背中で引き合わせることから、着脱するための引合緒が背中の押付板に設けられています。

大鎧と胴丸同様、引合緒は甲冑(鎧兜)の右側に付いていました。

胸板

胸板

胸板

胸板は、大鎧や胴丸と同じく胴前上部にあり材質は鉄製の板。

肩上に結ぶための高紐がついており、その紐を使い肩上と結ぶ構造です。

押付板

押付板

押付板

押付板は、背中上部の金具部分を指し、鉄や煉革などで作られる板です。

胴丸と材質や形状はほぼ同じですが、背中引き合わせのため背中側で左右に二分する作りになっているのが特徴です。

立挙

立挙

立挙

立挙も胴丸と同様の材質と作りですが、背中引き合わせのため後立挙が押付板と同様に背中で左右に二分します。

脇板

脇板

脇板

腹巻の脇板も胴丸とまったく同様となり、胴上部の脇を防御する物です。

長側

長側

長側

長側も、胴丸と同様に胴回りを一周覆うように作られています。

違いとしては、胴丸は右引き合わせによる右側起点ですが、腹巻は背中引き合わせであることから後ろ側が起点となるのです。

背板

背板

背板

背板」は背中引き合わせの構造である腹巻だからこそ必須の装備。背中引き合わせは、胴後ろの紐を締めることで体型を調節することができるため、背中に隙間が生じやすい形状でした。

これは防護上の弱点にもなるため、隙間を覆う防具として発案されたのが背板です。

背板には、胴と同じ段数の小札板を使用し、さらに草摺1間分を縅し付けて大腿部まで防護しました。

胴先緒

胴先緒

胴先緒

「同先緒」(どうさきのお)は、別名「繰締緒」(くりじめのお)とも言い、胴の腰回りを固定するための紐で、背後で交差し正面で結び合わせる装備です。

胴丸には、緒を通すための輪である「繰締鐶」(くりじめのかん)が設置されていましたが、腹巻にはありませんでした。

草摺

草摺

草摺

腹巻の草摺の枚数は、胴丸の8間に対し7間が原則。配置は、正面に1間を置き、左右に3間ずつ配置して、真後ろには草摺はなく、がら空きの状態でした。

この無防備になった後ろ側を防御したのが、前述した背板に付いた草摺です。

戦国時代に流行した「当世具足」

当世具足の各部名称

当世具足の各部名称

室町時代末期には、華やかさのあった大鎧や胴丸に変わり、より簡素で身軽な甲冑(鎧兜)となる当世具足が誕生します。

当世は「現代風の」という意味で、具足は「十分に完備している」という意味になることから、当世具足はその名の通り「今風の完璧な甲冑」となるのです。当世具足が使われた戦国時代は、戦の規模がいっそう大きくなり、個人戦から集団戦へと変化し、身軽で機敏な動きのできる甲冑(鎧兜)が求められる時代。

こうしたなか、甲冑(鎧兜)の大量生産が可能になり、大将級の武士でなくても意匠の凝った甲冑(鎧兜)を入手することができるようになりました。

毛引縅・素懸縅

毛引縅・素懸縅

胴の形にも、出羽国最上(現在の山形県最上郡)でよく作られた胴「最上胴」(もがみどう)や、継ぎ目のないなめらかな表面をした「仏胴」などが作られるようになります。

板札も、隙間なく縅した「毛引威」(けびきおどし)から、まばらに縅すことで手間がかからず安価な「素懸威」(すがけおどし)が流行。

中国との交易がさかんになり朱漆・金箔・銀箔が大量に市場に出回り、色彩にこだわった個性的な甲冑(鎧兜)が好まれるようになります。

これは規模の大きくなった戦場で目立つ意味を持ち、そして敵味方の識別にも大いに貢献しました。当世具足の各部名称と構造についてご紹介します。

  • 「当世具足①」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「当世具足②」をはじめ、甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

脇立

脇立

脇立

戦国時代の兜の鉢は「立物」(たてもの)と言われる、動物の角などを模した「脇立」(わきだて)が流行。水牛や鹿の角などはよく見られる意匠で、「頭角を現す」縁起の良い動物だとして武将達に好まれました。

それらは「変わり兜」とも言い、こうした奇抜な兜には、大規模な集団戦による戦場での戦勝祈願と、自己をアピールするための理由があったと伝わります。

徳川家康」の側近「本多忠勝」(ほんだただかつ)が身に付けた「黒糸威胴丸具足[鹿角脇立兜・小具足付]」(くろいとおどしどうまるぐそく[しかつのわきだてかぶと・こぐそくつき])も鹿がモチーフです。

前立

前立

前立

前述した脇立は兜の左右の装飾でしたが、「前立」(まえたて)は兜の前側の装飾となっています。

前立には、後ろに戻らない(退かない・負けない)という理由からとんぼや勝虫などが好まれました。

頬当

頬当

頬当

頬当」(ほおあて)は、顔を守ると同時に敵を威圧する装飾的意味を持ちます。

そして種類は、仮面のように顔すべてを覆う「総面」(そうめん)、あごを守る「半頬」(はんぽお)、額から頬を守る「半首」(はつぶり)などがあります。

下げ

下げ

下げ

敵の攻撃から喉を守るのが「下げ」と呼ばれる防具です。扇形の小札板2段で構成されています。

袖

大鎧の四角形の大袖から大幅に縮小し、6~7段と段数は多めで、より小さな小札を用いることで軽くて動きやすい形に変化しました。

袖には大袖、広袖、壺袖がありますが、こちらの袖は当世具足に合わせて使用することから当世袖とも呼びます。

胴

戦国時代に伝来した鉄砲が戦に導入されるようになると、その殺傷力や貫通力の高い武器から胸・腹・胴を守るためより強固な胴が制作されるようになりました。

今までの小札を縫い合わせた胴ではなく、1枚の革や鉄でできた板札で作ることで、前述した最上胴や仏胴などの制作を可能にしたのです。板札を用いた胴は、頑丈で強固な防御力を誇りました。

籠手

籠手

籠手

籠手」(こて)は、腕から手の甲までを守る防具で、古墳時代の甲冑(鎧兜)である「挂甲」や「短甲」の時代から、江戸時代まで長く用いられた防具でもあります。

その経過で多くの種類がありますが、当世具足と合わせて使用されたのは、「筒籠手」・「篠籠手」・「鎖籠手」などです。

揺糸

揺糸

揺糸

「揺糸」(ゆらぎのいと)は、甲冑(鎧兜)の胴と草摺を繋ぐ連なった紐のことを言います。

紐は腰回りに付いており、この揺糸があることで草摺が前後左右に動くようになり、着用者の動きを制限しなくなったのです。

なお、結果的にはこの部分が無防備になってしまい、甲冑(鎧兜)の下に鎖を置くなどして防御力を高めました。

草摺

草摺

草摺

当世具足における草摺には、決まった枚数や形式はなかったと言います。

臑当

臑当

臑当

臑当」(すねあて)は、臑を守るための防具で古墳時代から使われていました。この古墳時代の臑当は、2枚の鉄を筒状に合わせた「筒臑当」が奈良県の古墳から発掘されています。

そして当世具足の臑当には、この筒臑当に加えて、布に鎖を付けた「鎖臑当」や、細長い鉄を付けた「篠臑当」などが使用されるようになりました。

佩楯

佩楯

佩楯

佩楯」(はいだて)は、大腿部と膝を守る装備で、草摺と臑当の間に当たります。

エプロンのように腰に紐で結び、動きやすいように中央で2枚に分かれているのです。