甲冑(鎧兜)の基本

甲冑の飾り方

文字サイズ
甲冑は、古代より合戦の際に体を防御するための鎧兜として用いられてきましたが、時代が上がるにつれて防具としての意味合いだけでなく、武将達の信念を表す象徴的な意味合いも持つようになっていきました。現在甲冑は、美術品として国内外で高く評価され、国内では子供の健やかな成長を祈るための祭神具として飾られます。家に代々伝わる甲冑があっても飾り方が分からない場合や、五月人形や甲冑を手に入れたものの、どのように飾れば良いのか詳しく知らない場合に役立つ、甲冑の飾り方の説明と飾り付けるときのポイントを紹介します。
甲冑(鎧兜)写真
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。
甲冑(鎧兜)写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。
甲冑(鎧兜)の基礎知識
甲冑(鎧兜)に関することを検索することができます。
刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しております!

本記事で飾り付けに用いる甲冑

鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足
鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足

本記事では、刀剣ワールド財団が所蔵する「鉄金箔押碁石頭札二枚胴具足」(てつきんぱくおしごいしがしらざねにまいどうぐそく)と言う、江戸時代前期に制作された「当世具足」(とうせいぐそく)を用いて甲冑の飾り方を紹介します。

本具足の形式である当世具足とは、戦国時代において戦乱が激化したことにより登場した、体を隙間なく包んだ甲冑のこと。

鉄砲が伝来して以降は、より堅牢で軽快な動きができる甲冑が好まれるようになり、当世具足と呼ばれる甲冑の中でも進化が見られ、地域に合わせた様々な当世具足が生まれたのです。

本具足の(どう)は、碁石頭札(ごいしがしらざね)と呼ばれる、伊予札(いよざね)の上部が碁石のように2つに分かれた小札(こざね)に金箔押を施し、青糸で(おど)した物。蝶番で固定された2枚の鉄板を矧(は)ぎ合わせて作られており、総重量は20㎏を超えます。は「鉄六枚張金箔押突盃形兜」(てつろくまいばりきんぱくおしとっぱいなりかぶと)で、日輪の前立(まえだて)が附属。

小田籠手(瓢型)

小田籠手(瓢型)

籠手(こて)は、小田籠手(おだごて)や瓢型(ふくべがた)と呼ばれる、瓢箪(ひょうたん)のような形状をした金具が取り付けられた物で、本具足のように江戸時代に制作された瓢型は、瓢箪部分が開閉できるようになり、薬入れとして使われました。

具足に家紋は付けられておらず、もとの所有者が誰かは分かっていませんが、鎧櫃(よろいびつ)には抱き銀杏の紋が描かれています。

甲冑の部品と飾り付けの手順を確認

甲冑の部品

甲冑の部品

甲冑を飾るのに、まず鎧櫃から解体された甲冑の部品を取り出し、検品しましょう。

本具足は、①突盃形兜(とっぱいなりかぶと)、②日輪前立(にちりんまえだて)、③烈勢頬(れっせいぼお)、④当世袖(とうせいそで)、⑤二枚胴(肩上[わたがみ])、⑥小田籠手、⑦鎖佩楯(くさりはいだて)、⑧越中臑当(えっちゅうすねあて)の8つの部品が存在します。

それぞれ不備がないかをひとつずつ確認しましょう。

兜は頭、面頬は顔、(そで)は肩、胴は上半身、籠手は腕から手にかけて、佩楯は太もも、臑当は臑に相当し、胴と兜を除いたこれらの部品は「小具足」(こぐそく)と呼ばれ、それぞれが体を隙間なく守るための防具なのです。

飾り付けを始める前に、甲冑を飾る際の手順を確認します。

  • 1.櫃と飾り台を設置する

    1.櫃と飾り台を設置する

  • 2.佩楯を飾る

    2.佩楯を飾る

  • 3.胴を飾る

    3.胴を飾る

  • 4.籠手と袖を胴に装着する

    4.籠手と袖を胴に装着する

  • 5.面頬と兜を飾る

    5.面頬と兜を飾る

  • 6.臑当を置く

    6.臑当を置く

甲冑の飾り付け

櫃と飾り台を設置する

鎧櫃と飾り台

鎧櫃と飾り台

部屋の飾りたい場所に、鎧櫃、もしくは飾り付ける台になる物を設置します。安定感がありガタつきがない台を用意して下さい。

鎧櫃の場合は、安定感があるかどうかを確認しましょう。

今回は鎧櫃を使って飾り付けを行います。鎧櫃は、「前」と書いている方を正面にして設置をしましょう。

この前とは、前後ろの前ではなく、「九字護身法」(くじごしんほう)に基づいた文字。九字護身法とは、「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」(りん・ひょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん)という9種類の印を結ぶ、除災戦勝等を祈る作法で、前という文字は、この九字護身法の最後の1字を表した、魔除けの意味が込められているのです。

鎧櫃を設置したのち、上に飾り台を乗せます。このとき、鎧武者が座っているように見せるため、飾り台は中心より少し後ろへ設置。飾り台の向きは、斜め下に突き出した枝が面頬の鼻部に相当するため、正面に置きましょう。

佩楯を飾る

佩楯を飾る

佩楯を飾る

佩楯は、鎧櫃に直接巻き付けるように飾ります。このとき、鎧櫃の角と佩楯の布がこすれて悪くならないように、クッション材となる新聞紙などを正面にかませた上で飾って下さい。

エプロンを巻くときのように飾りますが、巻くときに後ろ側の櫃の蓋に紐をかませると、佩楯の重みでずれずに安定します。

櫃に取手が付いている場合は、取手の下に佩楯の紐を通しておくと安心です。

なお、左右の紐を結ぶだけでは重みで落ちてくる可能性もあるので、佩楯の中心部に掛け輪がある場合、そこに紐を通して飾り台に結び付けるとさらに安定感が増します。

胴を飾る

鞐を留める

鞐を留める

本具足は、蝶番で右脇が開閉する二枚胴の形式を取っているため、肩の鞐(こはぜ:ボタンのような形状をした留め具)を外した状態で左上から飾り台に差し入れます。

肩の鞐を留め、攻め鞐を下げますが、このとき、肩の部分に圧力がかかりすぎないように胴を少し持ち上げながら鞐を留めましょう。

次に、右脇の引合緒(ひきあわせのお)を片結びで結びます。

引合緒を結ぶ

引合緒を結ぶ

これは、蝶結びだとほどけやすく、戦中に不便であるため。なおこのとき、片方の紐が長くなるように調整しましょう。

片方の紐を長く取るのは、夜戦などのあと、暗い中でもひとりで脱ぎやすいように、片方を長くしてどちらの紐を引けば良いのか分かるようにした名残だとされます。

飾り付けは椅子の上に鎧武者が座っているように見せることから、胸部が少し前のめりになるように、胴の下部を押して調整しましょう。

胴の飾り付け

胴の飾り付け

上帯(うわおび)がある場合は、上帯を胴と揺糸(ゆらぎのいと:胴と草摺[くさずり]を繋ぐ糸のこと)の境に巻いて下さい。

上帯を巻くと、胴の下部がしまり、見栄えが良くなるためおすすめです。

最後に、草摺の前3間(けん)を出し、横と後ろのバランスが良くなるように整えます。上帯がない場合は正面中心に1間、斜め前に2間となるように飾りましょう。

籠手と袖を胴に装着する

籠手を鞐で連結させる

籠手を鞐で連結させる

籠手と袖は、先に鞐で連結させ、胴に装着します。

本具足に附属している袖は、左右が決まっていないためそのまま籠手と連結させますが、大鎧(おおよろい)に附属する大袖(おおそで)は左右が決まっていることが多いため注意が必要です。

今回は、籠手と袖を一緒に飾ると、飾り台の上で袖が浮き、いかり肩のようになって見栄えが良くないことから、袖にテグスを付け、別々に飾っていきます。

袖にテグスを付け飾る

袖にテグスを付け飾る

先に籠手を鞐で胴に装着。このとき、籠手の重みで籠手が千切れたり痛みが発生したりするため、飾り台と籠手の接地面には新聞紙などのクッション材となる物をかませましょう。

籠手を装着したら、テグスの付いた袖は飾り台に直接掛け、微調整をします。

籠手を見栄え良く飾るには、膝に拳が乗っているように肘部分を曲げ、手甲を草摺の上に載せましょう。

面頬と兜を飾る

面頬を飾る

面頬を飾る

面頬に付いている掛け紐を飾り台の頭に掛けます。

安定させるために飾り台の前頭部に画鋲を刺し、そこにクロスさせた掛け紐を掛け、鼻部と飾り台の突き出た枝部分を合わせて飾りましょう。

次に兜を飾ります。兜には重量があることから、受張(うけばり:兜の裏側に付いている布張りされている部分)に圧がかかりすぎないように兜と飾り台の間に、新聞紙などを丸くしてクッションにして下さい。

兜の重心が前に来るように飾る

兜の重心が前に来るように飾る

本具足の兜である突盃形兜に附属している(しころ)は、広がった形状をした饅頭錣(まんじゅうじころ)で重量があるため、兜が重い場合は、後ろにずり落ちてこないように、兜の重心が前に来るように飾り付けると良いでしょう。

錣がそれほど重たくない場合は、兜の中心に合わせてバランス良く飾りましょう。兜の位置が定まったら、最後に前立を兜に装着させて下さい。

臑当を置く

臑当を置く

臑当を置く

飾り付けの最後に、臑当を鎧櫃の前に置きます。臑当には袖と違って左右が決まっており、韋(かわ)などで布張りされている面を内側に置くのが正しい向き。

この布張りは鉸具摺韋(かこずりのかわ/かくずりのかわ)と言い、馬に乗った際に、(あぶみ)の鉸具(かく)や馬を傷付けないようにするため付けられた部位です。

用途を考えると、鉸具摺韋を内側に置くことを間違えません。

最終調整

甲冑の飾り付け完成

甲冑の飾り付け完成

すべて飾り終えたあと、草摺や袖、籠手など全体的に崩れがないかチェックして完成です。

甲冑を飾る際、ひとりが支え、もうひとりが固定する、2人以上で行う方法がベストですが、どうしてもひとりでしなければならない場合は、厚さのある木の板などを2枚用意するのがおすすめ。

この2枚の板は、胴を飾る際に肩上を浮かせて、無理に肩の鞐を取り付けなくても済むようにすることができます。

「甲冑の飾り方 当世具足編」YouTube動画

甲冑の飾り方 当世具足編