甲冑とは、頭を守るための「兜」(かぶと)と胴体を守るための「鎧」(よろい)で構成されている防具のこと。弥生時代にはじまる甲冑は、戦い方や時代の特色に合わせて変化していきました。特に戦国時代は西洋との交流から、甲冑が大きく変化。数々の名だたる戦国武将たちは、地位の高さや威厳を誇示するために鎧兜を身に付けており、それぞれに特徴が見られるのです。現代ではコスプレ用や観賞用として、西洋甲冑や日本の甲冑が販売されています。
「甲冑の基本」では、鎧兜の構造や種類といった甲冑の基礎知識をカテゴリ別にご紹介。イラストや写真・画像付きで解説しているので、「本物の甲冑を鑑賞するために勉強したい」「好きな戦国武将にゆかりのある甲冑が知りたい」といった甲冑初心者の方におすすめです。

名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。
「甲冑(鎧兜)の基本」では、甲冑初心者の方にもピッタリな鎧兜にまつわる基礎知識をご紹介。「甲冑の構造」や「甲冑と武将」といった内容をイラストや写真・画像付きで解説しているため、甲冑について深掘りできます。
博物館は最大200振の刀剣が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。日本刀、鎧兜、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館や美術館の魅力のひとつである企画展示会もございます。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催。名古屋にお越しの際は、名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)へのご来館をお待ちしております。

もっと見る▼