一般財団法人「刀剣ワールド財団」は、東建コーポレーション株式会社によって2018年4月16日に設立されました。日本刀、甲冑等の伝統工芸品、及び美術品を収集・保存・展示することを通じて、日本の伝統文化を守るために立ち上げた財団法人です。
当財団は、文化の振興・発展に寄与することを目的とし、美術品としての日本刀を身近に感じて頂けるよう、展示や企画展を実施しております。また、2020年開館予定の名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)に先行して、2018年11月1日には刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」を公開。さらに姉妹サイトとして、「刀剣ワールド/浮世絵」も公開し、刀剣に限らず浮世絵について分かりやすく解説するコンテンツを多数掲載しています。
「刀剣ワールド財団」は、博物館とWebの両面から「誰もが楽しめる日本文化との出会いの場」を築いています。

財団概要

名 称 一般財団法人刀剣ワールド財団
(英) Touken World Foundation
設 立 日 2018年(平成30年)4月16日
目 的 日本刀、甲冑等の伝統工芸品、及び美術品を収集・保存・展示することを通じて日本の伝統文化を守り、文化の振興・発展に寄与すること。
主な事業
  1. 刀剣、甲冑、及び鉄砲(以下「刀剣類」と言う。)の収集
  2. 刀剣類の研究、及び普及ならびにこれらに対する支援
  3. 刀剣類に関する博物館の運営
  4. 刀剣類に関する出版物の発行、及び販売 など
代表理事 左右田 稔

沿革

2018年4月 一般財団法人「刀剣ワールド財団」設立
2018年5月 多度大社「刀剣奉納鍛錬見学の旅」実施
2018年9月 京都国立博物館「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」へ刀剣を出品
2018年10月 桑名市博物館「村正Ⅱ-村正と五箇伝-」へ、村正3振を含む刀剣17振を出品
刀剣博物館「諸国漫遊-多彩なるお国拵と日本刀五ヶ伝を巡る旅-」へ葛飾北斎「加藤清正図」を出品
2018年11月 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」公開
2019年3月 国宝「有楽来国光」を取得
2019年4月 多度大社と共催で「多度刀剣特別展」を実施
多度大社への奉納刀作刀を追ったテレビ番組「刀匠魂多度~鍛冶神に捧げる太刀」(テレビ愛知)放送
2019年6月 名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)サイト公開
2019年7月 天下三名槍 写し制作プロジェクト開始
2020年1月 九州国立博物館・福岡県のコラボ特集展示「刀剣ことはじめ 刀剣ワールド財団と九博の名刀」開催
「麒麟がくる~岐阜 大河ドラマ館」へ織田信長ゆかりの刀剣や書状などを出品
2020年3月 「刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館」公開
「刀剣ワールド桑名・多度」公開
2020年4月 [名古屋刀剣ワールド]サイト公開記念/イラスト・塗り絵コンテスト」を実施
2020年6月 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド/浮世絵」公開
2020年7月 「刀剣ワールド 城」公開
2020年8月 名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)サイトリニューアル公開
2020年10月 財団初の出版物であるムック本『名将と名刀との邂逅 明智光秀と三英傑』(鈴屋出版)を出版
大阪歴史博物館・刀剣博物館で実施の特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」へ刀剣を出品
2020年11月 [名古屋刀剣ワールド]サイト公開記念第2弾/刀剣コスプレ写真コンテスト」を実施
2021年2月 ミュージアムショップグッズのネット通販を開始
2021年6月 名古屋市瑞穂生涯学習センター主催講座 学習プログラム「〈なごや学〉刀剣と名古屋」を実施
2021年8月 楽天市場におけるミュージアムショップグッズのネット通販を開始
2021年10月 京都府立丹後郷土資料館(ふるさとミュージアム丹後)「“玉の輿”大名家の栄光と苦悩」へ刀剣を出品
桑名市博物館創設50年・本多忠勝桑名入封420年特別企画展「本多忠勝と桑名」へ刀剣を出品
2021年11月 刀剣博物館「特別重要刀剣等指定制度五十周年記念 -日本刀 珠玉の名品展-」へ刀剣を出品

財団の活動

1. 史料・書籍の収集及び管理

美術品の保存・修復

刀剣ワールド財団では、日本刀や甲冑とかかわりの深い戦国武将や大名などに関する古文書史料を収集しています。史料の適確な管理を行うため、保存環境の整備に努めており、補修処理が必要な史料については、適宜修理を実施していきます。

また、流通数が少なく目にする機会の少ない刀剣・甲冑類の専門書籍、押形集などを収集し、閲覧の場を提供する活動も行っています。こうした史料・書籍の収集管理を通して、伝統文化の普及・調査・研究に寄与することを目指します。

2. 名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の運営

名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の運営

愛知県名古屋市中区に所在する名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の運営を行っています。美術品としての刀剣を身近に感じて頂けるよう、工夫を凝らした常設展示、及び特別展の企画を実施します。

名古屋刀剣ワールド 広告ギャラリー
名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の魅力が詰まった広告を、「広告ギャラリー」でご覧頂けます。

3. Webサイト「刀剣ワールド」の制作

Webサイト「刀剣ワールド」の制作

名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の開館に先立って、刀剣ワールド財団は、東建コーポレーション株式会社株式会社東通エィジェンシーとの共同により、「刀剣ワールド」を制作し、2018年11月1日に公開しました。

刀剣ワールド財団、及び東建コーポレーション株式会社が所蔵する美術品の写真や、動画をインターネット上で無料公開する他、日本刀や甲冑(鎧兜)、武者絵(浮世絵)、歴史・武将について分かりやすく解説するコンテンツを多数掲載し、刀剣や歴史文化の普及に貢献しています。

4. 美術品の保存・修復

美術品の保存・修復

刀剣ワールド財団は、収集した美術品の経年劣化や損傷を修復する取り組みも行っています。修復により、美術品本来の価値を取り戻し、伝統文化の普及・発展・保存に貢献します。

これまでに陣笠や刀箱、女乗物など、漆や蒔絵が施された美術品の修復を行ってきました。

文化財(美術品)の修復 女乗物 文化財(美術品)の修復 女乗物
文化財(美術品)の保存として、女乗物「黒漆塗葵紋津山散蒔絵女乗物」の修復作業を解説と写真でご紹介します。

5. 出版事業

出版事業

刀剣ワールド財団は、日本刀に関する知識を普及させることを目的として出版事業を行っています。

刀剣ワールド財団が企画監修!『明智光秀と三英傑』を徹底解剖!
明智光秀と三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)の出生の謎や愛刀に迫った刀剣ワールド財団監修のムック本「明智光秀と三英傑」が発売!

6. 映像制作

刀剣ワールド財団は、日本刀や甲冑(鎧兜)、武者絵(浮世絵)など、美術品の写真や動画コンテンツを制作し、刀剣ワールド、及びYouTubeチャンネルにて公開中です。

Webサイトや図録へ掲載する高解像度の写真は、美術品を細部まで鑑賞可能な形で保存するデジタルアーカイブとしての役割もあります。

動画コンテンツは、刀剣ワールド財団が所蔵する美術品紹介の他に、刀剣を観ることのできる全国の施設(博物館、神社・仏閣、城郭)や、合戦や武将に関する全国のお祭りを紹介。

制作した映像データは、要望に応じて外部へも提供しています。

主な画像提供実績

テレビ番組
  • テレビ東京
    「開運!なんでも鑑定団」
  • フジテレビ
    「林修のニッポンドリル」
  • テレビ朝日
    「じゅん散歩」
  • 関西テレビ
    「所JAPAN」
  • NHK BS1
    「COOL JAPAN 発掘!かっこいいニッポン」
  • NHK BSプレミアム
    「ザ・プロファイラー」
    「最後の○○〜日本のレッドデータ〜」
  • BSフジ特別番組企画
    「この歴史、おいくら?」
  • BS-TBS
    「にっぽん!歴史鑑定」
  • TBS NEWS
    「逆説の日本史」
  • 日本テレビ
    「いざわ・ふくらの 解けば解くほど賢くなるクイズ」
    「ヒルナンデス!」
書籍
  • 小学館
    「名刀大全」
  • ホビージャパン
    「刀剣聖地巡礼ガイド 東京かたな旅」
    「名槍図鑑」
    「刀剣図鑑 古備前刀工群・備前一文字派」
  • 昭文社
    「東京のトリセツ」
雑誌・ムック
  • デアゴスティーニ・ジャパン
    「週刊日本刀」
  • 宝島社
    「刀剣探訪」
  • ダイアマガジン
    「刀剣秘史 新撰組と幕末志士 英傑の愛刀」
  • ホビージャパン
    「刀剣画報」
  • ABCアーク
    「歴史人」
画像提供についてのお問合せ先
東建コーポレーション Web企画課
電話:052-857-0023
メール:touken-world@token.co.jp
日本刀YouTube動画・映像
刀剣ワールド財団にて所蔵している日本刀をYouTube動画・映像でご覧頂けます。
日本刀拵YouTube動画・映像
刀剣ワールド財団にて所蔵している日本刀拵をYouTube動画・映像でご覧頂けます。
甲冑(鎧兜)YouTube動画・映像
刀剣ワールド財団にて所蔵している甲冑(鎧兜)をYouTube動画・映像でご覧頂けます。
東通エィジェンシー
刀剣ワールド内にて掲載の写真、動画・映像を制作している総合広告代理店です。

7. 刀剣教室・勉強会(学習室)

刀剣教室・勉強会(学習室)

名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)6階の学習室を利用して、所蔵品を手に取って鑑賞する「刀剣教室・勉強会」を企画・実施します。本刀の刃文や地鉄は多種多様。様々な種類の刀剣を鑑賞できる機会を定期的に作ることで、刀剣専門の博物館としての社会的意義を果たして参ります。

また、学習室では特別展の内容に応じたワークショップや、各種イベントを実施し、日本刀や甲冑の教育普及活動を進めていく予定です。

8. 講演・発表

講演・発表

博物館の教育・研究活動の一環として、名古屋刀剣ワールドの学芸員やゲストスピーカーによる日本刀関連の講演会をはじめ、発表会やイベントなど、様々な施設を利用して実施する予定です。

小規模の講演会や発表会などは、名古屋刀剣ワールド6階の学習室で実施。

大規模の講演会や発表会、イベントなどは、東建コーポレーション株式会社内にある「東建ホール・丸の内」にて実施します。

東建ホール・丸の内
東建ホール・丸の内は、映像・音響・照明設備を完備しており、様々な芸術活動や会議・セミナー等にご利用頂けます。
東建ホール・東刈谷
東建ホール・東刈谷は、本格的な映像設備や音響設備が充実。研修用スペースとしてご利用頂けます。

9. 歴史体験・歴史旅行

歴史体験会・歴史旅行

旅行代理店「株式会社東通トラベル」が企画販売・催行する歴史旅行に対して、刀剣ワールド財団は歴史の観点でコンサルティングを行っています。

今後、東海地方を中心に歴史をめぐる旅行や、名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)を起点とした刀関連満載のツアーなど、博物館の所蔵品を活かしたアイデアで、東建グループならではの歴史旅行を企画して参ります。

東通トラベル
刀剣鑑賞や日本刀の文化・歴史に触れる宿泊バスツアーなど様々なプランをご提案致します。
刀剣奉納鍛錬
刀剣奉納鍛錬見学と日本刀・甲冑の鑑賞が楽しめる宿泊バスツアーが開催されました。
東建多度カントリークラブ・名古屋
三重県桑名市多度町のJGTO・LPGA認定のゴルフコース!
ホテル多度温泉
宿泊ゴルフが楽しめる養老山系の天然温泉施設です。
刀剣ワールド桑名・多度(ホテル多度温泉/東建多度カントリークラブ・名古屋)
刀剣ワールド桑名・多度には、日本刀をはじめ、甲冑、槍、薙刀、火縄銃といった美術的にも価値の高い様々な美術品を展示しています。
刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館(東建本社)
刀剣ワールド名古屋・丸の内/ミニ博物館には、日本刀をはじめ、甲冑、槍、薙刀、火縄銃といった美術的にも価値の高い様々な美術品を展示しています。

2018年4月16日に設立された一般財団法人「刀剣ワールド財団」は、日本刀や甲冑などを収集・保存・展示することで文化の振興・発展に寄与します。
主な財団の活動は、愛知県名古屋市中区に所在する名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館(メーハク)の運営や、Webサイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の制作です。
また、刀剣ワールド財団は、収集した美術品の経年劣化や損傷を修復する取り組みも実施。
日本刀や甲冑などの美術品を身近に感じて頂けるよう、一般財団法人「刀剣ワールド財団」は日本の伝統文化を発信していきます。

もっと見る▼