名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」

名古屋の新ランドマーク 2020年6月開館予定!!

2020年6月開館(延期)

日本最大級の日本刀・甲冑展示数。美術品、歴史的資料としても貴重な品々を展示公開! 名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」
名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」
名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」

名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」
開館延期のお知らせ

2020年(令和2年)4月21日
東建コーポレーション株式会社/
一般財団法人 刀剣ワールド財団

東建コーポレーション株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長兼会長:左右田稔)、及び一般財団法人 刀剣ワールド財団(所在地:名古屋市中区)は、2020年6月に予定しておりました名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」の開館について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う日本政府の緊急事態宣言が発令されたことを受け、お客様や従業員の安全と健康を最優先に考慮し、延期することと致しましたのでお知らせ致します。

開館を楽しみにお待ち頂いている皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

なお、開館日につきましては現時点では未定です。新たな開館日や今後の予定等につきましては、新型コロナウイルスの状況を踏まえ、当館ウェブサイト他にて改めてお知らせ致します。

刀剣とは、長い刃・刀身を備える武器のこと。刀剣の他にも、日本刀・剣・刀・ソードなど様々な呼び方がありますが、一般的に両刃の物が「剣」、片刃の物が「刀」です。
そんな刀剣・日本刀は長い歴史があり、作られた時代によって「古刀」、「新刀」、「新々刀」の3つに分類されます。平安時代~文禄4年(1595年)までの手持ちが軽い刀剣を「古刀」、慶長元年(1596年)~宝暦13年(1763年)までの刀剣を「新刀」、明和元年(1764年)~明治9年(1876年)までの重量感がある刀剣が「新々刀」です。
また、刀剣は時代だけでなく、形や大きさからも種類が分かれています。真っ直ぐな形状の「直刀」や、鎬と反りが特徴の「太刀」、太刀よりもやや短めの「打刀」、その太刀や打刀の差し添えとして用いられた刀剣「脇差」などです。
このように、ひとくくりにできないのが「刀剣」。名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」では、そんな刀剣の魅力をお楽しみ頂けます。

更新情報

2020年9月15日
展示品「当館の主な収蔵品」名古屋刀剣ワールドの書画 動画追加
2020年9月17日
展示品「当館の主な収蔵品」名古屋刀剣ワールドの馬具~鐙(あぶみ)~ 動画追加
2020年9月8日
「博物館について/建物概要」建築パース追加
2020年9月2日
刀剣の基本「刀装具(とうそうぐ)の解説」公開
2020年9月1日
刀剣の基本「刀剣の刃文とは」公開
2020年8月26日
刀剣ワールド財団について「財団の活動」6.講演・発表、7.歴史体験会・歴史旅行 追加
2020年8月21日
刀剣の基本「軍刀(ぐんとう)の解説」公開
2020年8月20日
刀剣の基本「刀剣鑑賞の基本」公開
2020年8月19日
刀剣の基本「刀剣の地鉄とは」公開
2020年8月18日
刀剣の基本「刀身彫刻とは」公開
2020年8月18日
刀剣の基本「古刀・新刀・新々刀・現代刀の違い」公開
2020年8月7日
刀剣の基本「刀剣とは」公開
2020年8月7日
刀剣の基本「刀とは」公開
2020年8月7日
刀剣の基本「剣とは」公開
2020年8月7日
刀剣の基本「日本刀とは」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「日本刀がよく切れる理由」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「刀剣の鑑定区分」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「たたら製鉄の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「刀剣ができるまで」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「刀剣の流派 五箇伝」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「刀剣の折紙(おりがみ)とは」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「鞘書(さやがき)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「刀剣の部位について」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「西洋の剣と日本刀の違い」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「槍・薙刀(やり・なぎなた)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「短刀(たんとう)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「脇差(わきざし)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「太刀(たち)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「打刀(うちがたな)の解説」公開
2020年8月4日
刀剣の基本「トップページ」公開

博物館について

博物館について

名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」は、愛知県名古屋市中区栄に開館予定の世界最大級の刀剣博物館です。

最大200振の刀剣・日本刀が展示可能で、国宝・重要文化財や重要美術品といった貴重な刀剣・日本刀もご覧頂くことができます。

博物館について詳しく見る

施設案内

施設案内

名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」は、常設展示室、企画展示室、特別展示室を完備。他にもミュージアムショップ、浮世絵階段ギャラリー、資料室、学習室、屋上庭園などがあります。

ご休憩の際は、本館2階の「和カフェ 有楽」にておくつろぎ下さい。

施設案内について詳しく見る

展示品

展示品

当博物館の展示品の一部を、写真と解説でご紹介します。

展示品は、刀剣をはじめ、甲冑や武具、馬具などの他、浮世絵、書画などの美術品も数多く展示。

刀剣は国宝も含めた最大200振をご覧頂くことができます。

展示品について詳しく見る

来館案内・アクセス

来館案内・アクセス

開館時間や休館日、入館料、アクセス方法などをご案内致します。

今後開催が予定されている企画展などのイベント情報や休館日が記載された年間カレンダーもご確認頂けます。

来館案内・アクセスに
ついて詳しく見る

名古屋刀剣ワールド 建設ブログ~名古屋刀剣ワールドができるまで~
名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」ができるまでの建設ブログをご紹介。
名古屋刀剣ワールド 建設工事写真集
名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」の工事進捗状況が分かる写真集です。

工事中

日本刀、刀剣、刀、剣を観たことも触れたこともない初めての方にも解りやすい内容で、日本刀の種類や鑑定区分の解説をはじめ、日本刀の鑑賞方法や、日本刀を知る上で外すことのできない「五箇伝」と呼ばれる伝法の歴史と特徴など、刀剣に関する基礎知識をカテゴリ別に分けてご紹介。初心者の方でも一から学べる日本刀の教科書のようになっています。正しい刀剣の基礎知識を身に付けましょう!

刀剣の基本について
詳しく見る

刀剣コレクションのご紹介

名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」を運営する「刀剣ワールド財団」では、当博物館以外にも数多くの美術品を展示。価値の高い様々な美術品を無料でご覧頂くことができます。

刀剣コレクション名古屋・丸の内
(東建本社)

刀剣コレクション名古屋・丸の内(東建本社)

名古屋市中区丸の内の東建コーポレーション本社丸の内ビル1階にある「刀剣コレクション 名古屋・丸の内」には、日本刀をはじめ、甲冑、槍、薙刀、火縄銃といった美術的にも価値の高い様々な美術品を展示。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」で紹介している刀剣や甲冑などを、実際に観ることのできる貴重な施設です。

詳細を見る

刀剣コレクション桑名・多度
(ホテル多度温泉)

刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)

三重県桑名市多度町のホテル多度温泉にある「刀剣コレクション 桑名・多度」には、日本刀をはじめ、甲冑や槍、薙刀、火縄銃といった美術的にも価値の高い様々な美術品を展示。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」で紹介している刀剣や甲冑などを、実際に観ることのできる貴重な施設です。

詳細を見る

バーチャル刀剣博物館 刀剣ワールド バーチャル刀剣博物館 刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
刀剣ワールド浮世絵 刀剣ワールド浮世絵
刀剣ワールド浮世絵では、浮世絵の歴史や有名な浮世絵師など、浮世絵に関することをご紹介します。

名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」は、愛知県名古屋市中区栄にある刀剣の博物館です。博物館は最大200振の刀剣・日本刀が展示可能。国宝や重要文化財、重要美術品、特別重要刀剣といった貴重な刀の数々をご覧頂けます。さらに、甲冑・鎧兜は約50領、浮世絵は約150点を常設展示。刀剣・日本刀、甲冑、浮世絵、武具といった歴史に関する様々な美術品を楽しむことができる博物館です。
また、博物館・美術館の魅力のひとつである企画展示会も実施。テーマに沿った刀や剣、甲冑、浮世絵を展示し、ここでしか観ることができない特別な展示会を開催します。名古屋にお越しの際は、ぜひ名古屋刀剣博物館 - メーハク「名古屋刀剣ワールド」に足をお運び下さい。

もっと見る▼